移住者インタビューINTERVIEW

VOL.8

結婚を機にキャリア変更を決意。
子育てしやすい企業に就職できました。

川越ひかり さん

宮崎市で生まれ育った川越さんは、長崎県の大学卒業後、大手通信販売会社でキャリアを積んできました。結婚をきっかけに退職し、今後の子育てを考え実家のある宮崎へUターン。培ったキャリアを捨てることに多少の不安はあったものの、《株式会社クラフ》に就職。現在は人事部に勤める川越さん、結婚を機に考えるようになった“子育てしやすい職場づくり”に向けて、等身大のアイデアを常に出しながら、働きやすい環境や制度新設に向けて邁進しています。今回は“仕事”と“育児”という2つの話題を中心にお話を伺いました。

結婚を機にUターンを決めました

長崎では大手通信販売会社で、紙媒体の掲載商品や、販売計画を決める仕事をしており、結婚を機に「宮崎に戻ろう」と決めました。実家が宮崎にある中、姉妹全員が県外にいるということもあってUターンを決意しましたが、将来の育児を考えたとき実家の近くが心強いなと改めて思いました。でも仕事を辞めるときはやっぱり悩みましたね(笑)

育児と両立できることが決め手
働くママの目線で環境整備していきたいです

就職先を探していたところ、宮崎のある就職支援の方より《株式会社クラフ》を紹介してもらい、前職とは全く業種違いでしたが「人事部」として入社しました。私を含め8~9割の社員が在宅勤務をしていて、在宅勤務開始時には3万円の補助手当もあるなど、会社も在宅勤務の活用を推進しています。 また、有給休暇取得率も80%を超えるなどワークライフバランスも取りやすい環境です。入社してから、子供の参観日などにも使いやすい半日有給休暇制度を取り入れてみたり、今後「くるみん」などの行政制度も積極的に取り入れて、更に育児や結婚にも配慮した環境を整えていきたいと思っています。

人も気候も暖かく生活しやすい宮崎

宮崎はやっぱり人が優しいですね。職場でも私生活でもみんな穏やかだし、休日は家に友人を招いたりと時間を有意義に使いながら楽しく過ごしています。宮崎は就職先が少ないイメージがあると思いますが、近年ITを中心に新しい企業が増えているので、いざ探してみると自分に合う会社が見つかります。県外からの求職活動でも、ほとんどの企業がオンラインで面接しているので、不便を感じることなく新しい仕事を探せると思います。